レンタルリストによるFAXDM見積依頼 | faxdmコンサルティング

業界最安値!3円から配信OK!リスト・原稿からトータルフォロー FAXDMコンサルティング FAXDMのお申込み・お問合せはこちら
FAXDMへのお電話はこちら
90日で売上1000万円をあげる
FAXDM徹底活用法 無料メール講座の登録はこちら
 メールアドレス *
 会社名(屋号名) *
 お名前(姓) *

FAXDMでは宛先リスト(配信先一覧)にある会社名、担当者名などを原稿上部に相手先に合わせて印字することができます。 それを「宛名印字」と言います。 また原稿内の自由な場所に印字することもできますが、その印字を「差込印字」と呼びます。

こちらの「【必読】反応率を上げる簡単な方法とは」コラムでご紹介しましたが、社長様向けのFAXDMを配信する場合、以下のようにFAX原稿に「代表者名印字」を使うことで反響率が2~3倍にアップする傾向にあります。 syachofax

FAXDM送信料金 <代表者名付きリストレンタルの場合>

送信件数/1回あたり 送信単価 設定料金
~5,000件未満 10円 2,500円
5,000件~10,000件未満 10円 無料
10,000件~30,000件未満 9円 無料
30,000件以上 8円 無料
決裁者(代表者)名を宛名印字、差込印字をして配信するプランです。 通常の会社名までの情報が印字されたFAXDMよりも社長様へ届きやすくなり、 反響率が約2~3倍アップする傾向にあります。 社長向けセミナー集客など、コンサルティング業・士業向けの集客におすすめです。 ※代表者名は全てに付くわけではございません。 ※お客様持参の「電話番号+FAX番号リスト」に代表者名を印字して配信する場合: FAX送信料+手数料2,500円+@1円となります。 ※お客様持参の「電話番号のみリスト」にFAX番号と代表者名を付けて配信する場合、 FAX送信料+手数料5,000円+別途@15円のところ、FAX送信料+手数料5,000円+別途@9円となります。 (通常FAX付合せ@9円、代表者名購入@6円の合計@15円が、代表者名購入分が無料となります。)

電話・FAX一次受付代行サービス(クレーム受付含む)のご案内

通常、FAXDMを送信すると、送信枚数のうち、良い反響だけでなく、 1%程度の配信停止依頼や電話でのハードクレームなども頂くことがあります。 そうなると、FAX機が一時的にパンクしてしまい、

・受け取るはずだった大事なFAXが受け取れない。 ・電話での対応に時間がかかり、本来業務が進まない。 ・ハードクレームが怖くて、FAXDMが送信できない
なんてことも。 そこで、弊社がお客様のこのような心理的な「負担」を代行した サービスを準備しております。(有料) 代行の詳細は以下をご覧くださいませ。

1.FAX代行受信(FAX番号貸し出し)

FAXの申込受付のメール転送や配信停止依頼の番号をエクセルシートへ記入代行を行います。

・1回の配信で3,000円(税別)です。 ・フリーダイヤルでの設定も可能です。その場合1回の配信で10,000円(税別)となります。 ・お問合せは1日の終わり(17時まで分)のFAXをまとめ、ご指示いただいたメールアドレスに転送いたします。

■市外局番は03から始まる番号となります。それ以外の番号を希望の方はフリーダイヤル番号をご利用下さい。 ■フリーダイヤルFAXをご利用の場合、返信が100件を越えた時点から1件につき40円(税別)の料金が発生します。 ■17時以降に受信したものは翌営業日のご返信となります。

2.電話代行(電話番号貸し出し)

電話でのお問合せや電話で来たクレームの一次対応を行います。

・1回の配信で10,000円(税別)です。 ・お問合せの連絡を受けた場合、その都度メールでお伝えいたします。

■市外局番は03から始まる番号のみとなります。 ■平日10~17時までの対応となります。それ以外の時間は対応できません。 ■お貸出電話番号の数は限られているため、混雑時は対応できない可能性がございます。 お客様からの質問や即時対応依頼を受けることがあります。 その場合、お電話ならびにメールで緊急ということでお知らせしますので、即時連絡をお願いします。 3度以上同じお問合せの方よりご連絡となった場合は、追加対応料金として「2000円」頂きます。 心地良い対応をさせていただくため、ご理解を何卒よろしくお願いします。

1.2共通注意事項

■FAX受信代行、電話代行ともに、問い合わせやクレームが何件でもお値段は変わりません。(フリーダイヤルFAXのご利用を除く) ■持込リストの精度不安や、原稿の内容によっては代行を受け付けられない場合がございます。 ■FAXDM配信時、FAXでの配信停止受付を記載するよう監督省庁より指導を受けておりますので、 必ずFAXでの配信停止受付を記載するようにお願いします。 例:今後FAXでのご案内が不要な方は□にチェックを入れ、FAX番号を明記の上ご返信ください。

なお、こちらでの対応は一次対応迄になります。弊社での対応で終えることができない場合、お客様側でご対応いただく場合がございますことご了承下さい。
原稿への電話番号ないしFAX番号の記載

受付代行サービスをご希望の場合、代行料を含めた見積書を発行いたします。 見積書に問題の無いようでしたら、弊社の貸し出し番号をメールにてお伝えいたします。 お手数ではありますが、お客様側で原稿に番号の記載をお願いいたします。

クレーム報告

問合せはその都度ご報告いたしますが、配信停止依頼やクレームについては配信から約2週間後にまとめて報告いたします。配信停止依頼があったFAX番号リストをメールで送らせていただきます。 配信停止受付リストにつきましてはお客様管理をお願いしております。

配信停止リスト報告

問合せは毎日、ご報告いたしますが、配信停止依頼やクレームについては配信から約2週間後にエクセルシートにまとめてメールで送らせていただきます。 配信停止受付リストにつきましてはお客様に管理していただき、 FAX配信のご依頼ごとに、毎回メールにて弊社に頂く形になっております。 トラブル防止のため、ご理解何卒よろしくお願いします。

電話代行受け付け時のトーク例
● 電話をとった際
「お電話ありがとうございます。FAX受付センターです」
● Q「御社から送られてきたFAXの内容(セミナー、商品、サービス)の詳細を教えてもらいたい」
A「こちらは受付部門になっておりまして、担当者から折り返しお電話させていただきますので、会社名、お名前(フルネーム)、連絡先のお電話番号を教えていただけますでしょうか」
● Q「こんなFAXを送られたら迷惑(困る)なんだけど」
A「大変申し訳ございません。今後、FAXを二度と行かないようにさせていただきます」
● Q「申し込んでいたセミナーをキャンセル(日程を変更)したいです」
A「かしこまりました。一度担当者より連絡させていただきますので、会社名、お名前(フルネーム)、連絡先のお電話番号を教えていただけますでしょうか」